2006年11月05日

朗読修行”ぼくの帽子のお話”(2)(有島武郎)

[4'03"/1.0MB]

有島武郎作”ぼくの帽子のお話”2/4回目
やっと見つけた帽子は、僕の手をすり抜けてどこまでも逃げていきます。逃げるだけでなく、「追いつかれるものなら、追いついてみろ」と憎まれ口までたたいて。。
posted by 殿下信平 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。