2006年12月16日

朗読修行”走れメロス”(1)(太宰治)

皆さんお馴染みの太宰治作”走れメロス”を、4回に分けて読んでみようと思います。今回はその1回目
村の牧人のメロスは、妹の花嫁道具を買うために、久々に竹馬の友セリヌンティウスの居るシラクスの市に行きます。そこで王の暴挙を知り激怒したメロスは、王城に乗り込んでいきますが。。(rieさん、大変遅くなりました。)


[9'35"/2.2MB]
ラベル:朗読 太宰治
posted by 殿下信平 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。