2006年12月21日

朗読修行”走れメロス”(2)(太宰治)

太宰治作”走れメロス”2/4回目
王を正すため、死ぬ覚悟を王に伝えたメロスでしたが、どうしても妹の結婚式だけは挙げてやりたいと、友セリヌンティウスを人質に、三日後に帰ってくる約束をして村に戻り、無理を押して妹達に式を挙げさせます。


[6'58"/1.6MB]
posted by 殿下信平 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週やっと羅生門のプレゼンを終えた。来週今学期最後のメロスを紹介する予定でした。聞きながら読み方一つ一つチェックができ、
竹馬の友はチクバかタケウマか
石工はセッコウかイシクウか
訓読みと音読みをどっちにするかよく迷うので、大変助かりました。読んでくれてありがとう。最後の二回目を楽しみにしております。
メリークリスマス!
Posted by rei at 2006年12月23日 12:48
少しでもお役にたてたようで、良かったです。
正しい読み方などは、場合により少々怪しい部分も有ったりしますが、できるだけ本のルビや辞書の記述など確認しながら読んでいるつもりです。
残り2回も近いうちに公開しますので、もう少々お待ち下さい。
Posted by 殿下 at 2006年12月23日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30011015
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。