2006年12月28日

朗読修行”走れメロス”(4)(太宰治)

太宰治作”走れメロス”最終回
水の流れる音に目をさまし、泉の水で希望を取り戻したメロスは、再び友の待つ刑場に急ぎます。そして処刑間際に間に合って、王に信実が空虚な妄想ではないことを知らしめます。


[9'30"/2.2MB]
posted by 殿下信平 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30453329
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。