2005年07月18日

朗読修行"こぞうさんのおきょう"

自宅録音&UP第八段。新美南吉作”こぞうさんのおきょう”です。一番短い記録更新です。
畑でであったうさぎと遊んでいるうちに、おきょうを忘れたこぞうさん。さて、どうしたでしょう?


 [2'27"/0.6MB]
posted by 殿下信平 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読修行"ざしき童子のはなし"

自宅録音&UP第七段。宮澤賢治作”ざしき童子(ぼっこ)のはなし”です。
賢治さんの住んでた方では、いろんな不思議な出来事を起こす”ざしきボッコ”が居るそうです。。。。


 [7'14"/1.7MB]
posted by 殿下信平 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

朗読修行”たけのこ”

自宅録音&UP第六段。新美南吉作”たけのこ”です。いままでで一番短いお話。お気軽にお聞き下さい。
母竹の言う事を聞かず、何かに惹かれて遠くへ遠くへもぐっていった竹の子の行く先は。。。


 [2'35"/0.6MB]
posted by 殿下信平 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読修行”満願”

自宅録音&UP第五段。太宰治作”満願”です。昔話系の朗読ばかりの私には、少々荷が重いかなと思いつつ”まあ、短いお話だからチャレンジしてみるか。。”っと、読んでみました。
4年前に、伊豆の三島で作者の身の回りに起きたお話。作者の日々強くなる気持ちは、さしがねによるものか、思い込みによるものか。。。


 [5'59"/1.4MB]
posted by 殿下信平 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

朗読修行”あめだま”

自宅録音&UP第四段。新美南吉作”あめだま”です。小さい子供を二人連れたお母さんが、怖い怖いと思っていた侍は、たった一つのあめだまを。。。


 [3'43"/0.9MB]
posted by 殿下信平 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

朗読修行”朝に就ての童話的構図”

自宅録音&UP第三段。宮澤賢治作”朝に就ての童話的構図”です。登場するのはみんな蟻、歩哨と伝令の兵と子供が二人。ミクロの世界のちょっとした朝の出来事です。

 ※”歩哨”とは:兵営・陣地の要所に立って警戒・監視の
         任にあたること。また、その兵


 [5'42"/1.3MB]
posted by 殿下信平 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

朗読修行”猿蟹合戦”(2)

それでは、芥川龍之介作”猿蟹合戦”の2回目です。散々な結末のうえに、物語は繰り返す。。。


 [5'05"/1.2MB]
posted by 殿下信平 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

朗読修行”猿蟹合戦”(1)

自宅録音&UP第二段。芥川龍之介作”猿蟹合戦”です。皆さんもよく
ご存知の”さるとかに”の昔話の後日談って感じのお話。2回に分けて
UPします。今回は1回目。。。思ってたのと違う。。。


 [4'11"/1.0MB]
posted by 殿下信平 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

朗読修行”赤い蝋燭”

ついに、聞ける状態の既録音ネタが底をついてしまいました。これから
は、朗読もどきの公開間隔が、随分伸びそうです。

ということで、公演やライブなどではなく、家で録音した読みの公開を
開始します。最近劇団もずっと休団していて、以前より読みは随分下手
になっていると思いますが、勉強の意味も含めてたまに公開してみます。
第一弾は、新美南吉作”赤い蝋燭(ろうそく)”です。ちょっともったり
した読みになっている気もしますが、お聞きになって感想などいただけ
ると有り難いです。


 [4'48"/1.1MB]
posted by 殿下信平 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

朗読修行”ごんぎつね”(3)

”ごんぎつね”3回目です。

兵十のうちに色々持って行ってやってるのに、神様の仕業と思われて、”割に
合わないなァ”っと残念がるごん。それでも、ごんは栗を兵十のうちに持って
いきます。家を出るとき、兵十の目にとまってしまいました。。。

 。。。”。。おまえだったのか、栗を持ってきてくれたのは・・・・”


gon30.mp3 [5'33"/1.3MB]
posted by 殿下信平 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

朗読修行”ごんぎつね”(2)

”ごんぎつね”2回目です。

自分の逃がしたうなぎが、亡くなった兵十のおっかあのためだっと知った
ごんは、自分のせいだと悩みます。つぐないにと、いろんな物を兵十の家
へ持って行ってやるようになりました。


gon20.mp3 [6'46"/1.6MB]
posted by 殿下信平 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

朗読修行”ごんぎつね”(1)

これも、数年前劇団の公演で読んだ作品です。新美南吉作「ごんぎつね」
稽古中は一人読みをしていましたが、本番数日前に劇団代表の指示があり
ごんの台詞だけ劇団の別メンバーが読んでいます。
読みの間に合唱が入っていましたが、今回はカットしています。
この作品も3回に分けてUPします。今回は1回目

山の穴の中に住んでいるひとりぼっちの”ごん”。
いたづら好きの”ごん”は、村でいろんな悪戯をしますが、雨あがりに
兵十の魚篭から魚をみんな逃がしてしまいます。大切なうなぎも。。

この作品に関する朗読musicは下記

朗読music♪ごん〜人恋し〜

gon10.mp3 [5'38"/1.3MB]
posted by 殿下信平 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

朗読修行”よだかの星”(3)

”よだかの星”3回目です。

太陽や星に向かって、”あなたのところへ連れてって下さい”と何度も飛んで
は落ち、それでもくじけずに、また飛び上がるよだか。『星になりたい』とい
うよだかの願いは。。。

 ※注:神話や星座に詳しい人には、途中ちょっとだけ違和感があるかも知れ
    ません。ここでは大熊座を、男性で読んでいます。これ読んだ時には
    大熊座が女性であることに、気付いていませんでした。この後の公演
    からは、女性として読んでいますけど。。。


yodaka30.mp3 [6'50"/1.6MB]
posted by 殿下信平 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

朗読修行”よだかの星”(2)

”よだかの星”2回目です。

悩んだあげくによだかは、遠くにいってしまおうと決心します。
弟のカワセミのところに、お別れの挨拶に行って”ハチスズメにもよろしく”
とカワセミの呼び止めにもかかわらず、飛び立ちますが。。。


yodaka20.mp3 [6'14"/1.5MB]
posted by 殿下信平 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

朗読修行”よだかの星”(1)

これは、やはり数年前劇団の公演や喫茶店でのライブで読んだ作品です。
私の好きな作品で、宮澤賢治作「よだかの星」。3回に分けてUPします。
今回は1回目

姿が格好良くないからと、理由なく嫌われるよだか。
鷹にも目をつけられて、とうとう”名前を返せ”と無理難題を言われて
しまいます。

この作品に関する朗読musicは下記

朗読music♪よだかの心

yodaka10.mp3 [6'58"/1.6MB]
posted by 殿下信平 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | # 朗読修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。